【レビュー】千葉県産落花生を使った、マルハチのピーナッツバターを食べてみた!

商品レビュー

 

こんにちは、どいさゆです(*‘ω‘ *)

 

今回はマルハチのピーナッツバターを食べた感想を書いていきます!

 

わたしは様々なピーナッツバターを食べ比べしています

 

毎朝スプーンですくって食べるので、

1週間でピーナッツバター1瓶(2189kcal) 消費してしまうことがあります。

 

そんなピーナッツバター好きの私が、

マルハチのピーナッツバターを徹底解説します♪

 

マルハチのピーナッツバターってどんなの?

 

マルハチのピーナッツバターは、千葉県産落花生100%使用の、昔懐かしい手造りのピーナッツバターです。

 

参照:マルハチピーナッツバター

 

落花生のさや(殻)を取って、赤い薄皮(渋皮)ごとすりつぶしてできています。

 

合成保存料、合成着色料等は一切使っていません

 

種類

 

マルハチのピーナッツバターには有糖と無糖の2種類あります。

 

 

《有糖》

落花生の濃厚な味を活かせるように、少し甘みを加えたもの。

 

《無糖》

砂糖を加えてないため、落花生の本来の味を楽しめる。

 

食べてみた感想

 

マルハチのピーナッツバターを食べてみた感想を

好きなところ気になるところにまとめました。

 

※あくまでも個人的な感想ですのでご参考までに。

 

好きなところ

 

マルハチのピーナッツバターで好きなところは4つあります。

 

① オイルとの分離が少ない

 

一般的にピーナッツ100%で作られているピーナッツバターは、

オイルとピーナッツが分離します。

 

私がよく食べるスマッカーズ ナチュラルピーナッツバターも分離しています。

 

 

そのため、ふたを開けたらまず分離したオイルとピーナッツを混ぜる作業があり、これがけっこう大変です…。

 

マルハチのピーナッツバターは、ピーナッツ100%ではなく、食塩や植物油脂が含まれているため、ピーナッツとオイルの分離がありません

 

蓋を開けたらすぐに食べることができます。

 

② 容器がプラスチック

 

マルハチのピーナッツバターの容器はプラスチックです。

 

 

ピーナッツバターは、加熱殺菌ができ密閉しやすい「ガラスビン」が使われることが多いですが、ガラスビンだとゴミの処分が面倒だったり、重たくて割れやすいです。

 

その点、マルハチの容器のように「プラスチック」だと、軽くて割れにくくゴミの処分もラクです

 

プラスチックは密閉力が低いことを心配する方もいると思いますが、

マルハチの容器はふたの下にさらにプラスチックのフィルムがあり密閉されているので安心です。

 

ただ、一度プラスチックのフィルムを開けたら早めに食べることをオススメします。

 

③ 100%国産

 

マルハチのピーナッツバターは100%国産です。

 

 

千葉県産落花生を100%使用しています

 

多くのピーナッツバターはアメリカ産ピーナッツを使っています。

 

参照:SKIPPYピーナッツバター

 

アメリカはピーナッツバターの消費量が多いので、アメリカ産のピーナッツバターが多いのは納得ですが、やはり日本人のわたしは「国産の信頼あるピーナッツバター」が食べたいです!

 

国産だと、日本のピーナッツ農家をサポートすることもできます。

 

④ 無糖がある

 

マルハチには無糖のピーナッツバターがあります。

 

 

日本のスーパーで売られているピーナッツバターのほとんどは、食べやすいように砂糖が加えてあります

 

砂糖入りのものは甘くておいしいですが、糖質の取りすぎや体脂肪を増やす原因にもなります。

 

毎日食べる人は、健康のために無糖タイプのピーナッツバターを選んだ方がよさそうですね。

 

無糖タイプはダイエット中の方にもオススメ

 

気になるところ

 

マルハチのピーナッツバターを食べて、もう少しこうだったらいいなと思ったところが2つあります。

 

① 甘すぎる

 

マルハチのピーナッツバターは、無糖のものでも甘みがあります

有糖のものはもちろん甘いです。

 

 

使用しているピーナッツがもともと甘いんだと思います。

 

私はピーナッツバターをスプーンですくってそのまま食べる人なので、甘くないものが好きです。

 

甘いピーナッツバターはそのまま食べるのには向かないかなと…。

 

マルハチのピーナッツバターは、そのまま食べるよりもパンやクラッカーに塗って食べるのが一番いいです。

 

② ピーナッツ100%ではない

 

マルハチのピーナッツバターは、ピーナッツ100%ではありません

 

 

ピーナッツ以外に植物油脂、食塩が含まれています。

 

乳化剤や酸化防止剤などの添加物が使われていないのはうれしいですが、植物油脂はからだに良いのか少し気になります…。

 

また、ピーナッツそのものの味を楽しみたい方は、ピーナッツ100%のピーナッツバターのほうがいいでしょう。

 

ピーナッツ100%だと、濃厚で水分が少ない食感です。

 

ヘルシー!健康!おすすめ無添加ナッツバター10選をご紹介!
今回は、添加物が入っていない 「無添加ナッツバター」を 10種類 ご紹介します! 実際にわたしが今まで食べてきた無添加ナッツバターなので、味や価格、容量、栄養価などを写真付きでご紹介します。健康に気を使っている方はぜひ参考にしてみてください♪

 

最後に

 

マルハチのピーナッツバターはいかがでしたでしょうか?

 

 

スーパーなどでは海外のピーナッツバターが多い中、千葉の落花生を使っていて100%国産なのがいいなと思います。

 

無糖タイプがあるのも個人的にはありがたいです♡

 

インスタグラム(@sayu.nutsbutter)では、さまざまなナッツバターを使ったレシピを載せています。

 

 

おすすめのナッツバターおいしい食べ方など知っていましたら、ぜひインスタでDMをくれるとうれしいです。

 

また、ナッツを使ったヘルシーなレシピを紹介するYouTubeチャンネルもございます!

 

 

ぜひチャンネル登録コメントをして頂けるとうれしいです♡

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました